広瀬香美さんの本名、事務所移籍の経緯や芸名が使用禁止の理由、twitter「ヒウィッヒヒー」!?

広瀬香美さんの本名、事務所移籍の経緯や芸名が使用禁止の理由、twitter「ヒウィッヒヒー」!?

シンガーソングライターである広瀬香美さんが2018年5月21日付で前所属事務所「オフィスサーティー」を退社し、「Mus Endeavor inc.」に移籍したことが発表されました。

そして前事務所であるオフィスサーティーが公式サイトで「断固たる措置をとる」と強硬な姿勢をみせています。

広瀬香美さんは1992年にデビューし、冬の女王などと呼ばれ数多くの名曲作られています。

円満移籍ではなさそうな今回の報道、経緯や広瀬香美さんの本名、twitterなどについてまとめてみました。

広瀬香美さんの今現在の自宅は豪邸!!年収や再婚相手(旦那)さんは?整形疑惑? 5月9日

スポンサーリンク



移籍発表

5月28日、広瀬香美さんが、自身のFacebookを更新。事務所を移籍しての、新たな活動開始を報告しました。

https://www.facebook.com/pg/kohmi.hirose/about/?ref=page_internal

この日、「広瀬香美は、新たな事務所にて活動も新たにスタートを切りました」と投稿。移籍先として「社名はMuse Endeavor .inc (女神努力株式会社)です」としました。

スポニチ

広瀬は自身の公式サイトで、今月21日付で、所属していた「オフィスサーティー」とのマネジメント契約終了を発表。「これまで以上に、音楽家としての可能性を追求し、スピーディに力強く目標達成に挑む所存です」とつづっています。

http://hirose-kohmi.jp/2018-5-22/

事務所移籍の経緯・事務所はFBで知った

前事務所オフィスサーティーが今回の経緯を説明しています。

広瀬香美は本日を持ちまして、すべてのアーティスト活動を休止いたします。

即ち、株式会社オフィスサーティー所属アーティストとして「広瀬香美」の芸名で活動しておりました石井麻美は、2018年5月28日付でインターネットにおいて「新たな事務所に移りました」等と発表しました。弊社に事前の相談もなく、一方的な「独立宣言」を発表され弊社スタッフ一同、大変困惑しております。

「広瀬香美」は弊社代表取締役である平野ヨーイチが命名した芸名であり、「広瀬香美」の芸名の使用権限は、弊社及び平野ヨーイチに帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には、「広瀬香美」の芸名を使用できません。

それ故,広瀬香美は本日を持ちまして、すべてのアーティスト活動を休止いたします。

みなさま長きにわたりご声援戴きありがとうございました。

旧オフィシャルブログより(原文ママ)

文面から察するに、事務所との関係が上手くいっていなかったのかもしれません。

そして思い詰めて、誰にも相談できずにこうなってしまったのか…これから進展があるのかもしれません。

広瀬香美さんの本名

数々の名曲を残してきた広瀬香美さんの本名が石井麻美さんであることが前事務所オフィスサーティーからは発表されました。

広瀬香美という芸名が使用禁止の理由

先ほどの前事務所の声明文によると、

『広瀬香美という芸名はオフィスサーティーの代表取締役である平野ヨーイチ氏が命名しており、その芸名はオフィスサーティーと平野ヨーイチ氏に帰属している』
『弊社としては一方的な対応に強く抗議し『広瀬香美』の芸名を使用した芸能活動の一切の禁止を求めるとともに、断固たる法的措置をとる所存であります」と芸名の使用禁止を求めている』

ため広瀬香美という芸名はオフィスサーティーに所属していないと使えない、ということです。

事務所「オフィスサーティー」は現在、弁護士と今後対応を協議していると説明しているそうです。今後状況をまとめて、近く説明の場を設けたいとし、弁護士との協議内容は芸名の使用に限らず「全てを含みます」とのことです。

広瀬香美さん本人はその芸名のまま新事務所へ移籍したことをツイッターで報告しています。

どうなるのでしょうか…

広瀬香美さんは「活動は今まで通り続けていきます」と反論

広瀬香美さんは31日、ツイッターを更新し、28日に事務所の移籍を発表したことに対し、これまでマネジメントしていた事務所「オフィスサーティー」が31日に公式サイトで「広瀬香美」の芸名使用の禁止と芸名を使用した芸能活動の一切の禁止を求めていると発表した件に対抗し「広瀬香美としての活動は今まで通り続けていきます」と宣言しています。

新たな公式サイトを開設し、これまで以上に音楽家としての可能性を追求すると記しています。

一方、オフィスサーティーも31日に「弊社に許可を得ることなく、新事務所に移りましたと発表した」と、一方的に独立を発表されたと説明。また「『広瀬香美』は弊社代表取締役が命名した芸名であり、『広瀬香美』の芸名の使用権限は、弊社及び代表取締役に帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には『広瀬香美』の芸名を使用できません」としています。

「弊社としては一方的な対応に強く抗議し『広瀬香美』の芸名を使用した芸能活動の一切の禁止を求めるとともに、断固たる法的措置をとる所存であります」と芸名の使用禁止を求めている。

日刊スポーツ

スポンサーリンク



ネットでの声

『事務所移籍したら芸名も使用禁止と言う契約内容だったのか?芸名は仕方ないにしても「のん」こと能年玲奈の場合、移籍したら本名でも使用禁止の方がひどすぎる。これは何とかならないのかな?』

『最近事務所とのトラブルネタ多いなぁ。広瀬コーミとかに改名したらいい。まぁ事務所もこれまでしっかり儲けたと思うけど独立はさせたくないんだな』

『広瀬の方は歌で客を呼べるんだから改名してもそれほど困らなさそうだけど、名前だけぶんどって他の誰かに名乗らせたところで新加瀬大周→坂本一生みたいになるだけ。事務所のこういう宣言ってみっともないし誰も幸せにならないのによくやるわ…』

『何を持って一方的と言うかだよなぁ。ここ最近の独立問題で事務所と揉めるタレントさんたち見てると辞めたくても辞めさせてもらえない人が多いように見受けられる』

『今更売れるまで掛けたお金の回収とかの話もないでしょうしデビューして何年も経てる事だし円満解決して欲しいものですね』

『一方的なニュースにちょっとビックリ。本人の声も聞いてみたい』

『これだけ長くやってて移籍も自由に出来ないっておかしい。事務所が金かけて売り出し中の若手ならともかく、もう十分以上利益を稼いだでしょうに。労使や契約を一回洗ったほうがいいと思う』

『まぁ、能年玲奈みたく活動10年売れた期間3年とかなら「許さん、全力で潰す!」ってのもわからないわけではない(但し、彼女の場合は本名なので名前使わせないのは論外)』

『広瀬香美なんて最大の功労者じゃないですか。綺麗に送り出すことは出来ないのかね?』

yahooニュース

twitter「ヒウィッヒヒー」!?

2009年7月、広瀬香美さんが、『Twitter』に登録したことが話題になりました。

広瀬さんは『Twitter』のコメントなかで、『Twitter』の英字表記を日本語にすると「ヒウィッヒヒー」というカタカナに見えることから、「決定! twitterの源氏名は、、、、、ヒウィッヒヒー に、決定!」と発言。

このことがインターネットニュース媒体で報道され、『ITメディア』では “広瀬香美さん「Twitterはヒウィッヒヒー」一夜で流行語に” と題して記事を掲載されたことがありました。

広瀬さんのtwitterはこちらです。

スポンサーリンク



広瀬香美さんの今現在の自宅は豪邸!!年収や再婚相手(旦那)さんは?整形疑惑? 5月9日

まとめ▼

数々のヒット局を歌ってきた広瀬香美さんの移籍が円満でなかったのは何か理由があるのかもしれません。

これからの広瀬香美さんの活動も楽しみですし、なんとかお互いに歩み寄って、この問題が解決することを願いたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする