世界一受けたい授業 佐藤オオキさん やられた!デザインや左右前後で開くスーツケースプロテカ360s

世界一受けたい授業 佐藤オオキさん やられた!デザインや左右前後で開くスーツケースプロテカ360s

2018年4月28日の世界一受けたい授業で、Newsweek「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた世界的デザイナー・佐藤オオキ先生の授業があり、『世界を変えるデザイン力』をテーマに授業をされていました。




#nendo #佐藤オオキ #椅子 #💺 #chair #チェア

na___o.さん(@i_ann.u_)がシェアした投稿 –

佐藤オオキさんのシンプルでいて、切り口の鋭い物の考え方が好きで、著書「問題解決ラボ」「スピード仕事術」なども読んだことがあり、天才的な方だなあと思っていました。

また、ミニマリストな感じがするのですが、ストイックなミニマリストではない雰囲気が素敵です。

スポンサーリンク




■佐藤オオキさんプロフィール

2002年、早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。デザイン事務所「nendo(ネンド)」設立。 プロダクトデザイン、インテリアデザイン、建築、グラフィックデザイン、企業ブランディングなどで活躍。
事務所はいたってシンプル。服装も毎日同じ服。デザイン以外のことは考えたくないとお話されていました。
大阪・天理駅前にデザインした広場は、古墳をイメージしたもの。集客数は数十倍になったそうです。コフフン

目次にもどる

■佐藤オオキさんが以前アナザースカイ出演の際のエピソード

◎私服の制服化

出張先のミラノのホテルで、スーツケースに詰め込んだ洋服を並べて見せるシーンがありました。

これが明日の分、これがあさっての分など、と全部で5日分の洋服があったのですが、取り出された白いシャツ、下着、靴下はどれも全く同じ物でした。

私服の制服化だとか、判断する時間の節約とか、理由を語る訳でもなく、スタッフに言われるまま並べてみました的なゆるい雰囲気が、佐藤さんの人柄に合っていてとてもほほえましい光景した。

◎食事もほぼ同じもの

食べ物にもこだわりがないそうです。

ミラノに滞在中はいつも行くお店が決まっていて、週の半分は同じ店の同じメニューなんだそうです。味は「ふつう」だそうです。

佐藤オオキさん! 毎日同じもの食べる話は本で読んだことが。 #佐藤オオキ

Naoe Kuwanoさん(@naoekuwano)がシェアした投稿 –

◎シンプルなミラノオフィス

白を基調としたオフィスは、どうやって仕事をしているのだろうとびっくりするほど物がありませんでした。

白い壁、白い椅子、ガラス天板の白いデスク。そしてそのデスクの上にはアップルのPC。

美術館の展示スペースと言われても納得してしまいそうな無駄のない空間で、キレイ好きで有名なあの今田耕司さんが

『なんにも置きたくなくなる、キレイやから』
と思わず口にするほどの完成度でした。



http://bluestar-journal.com/

◎モノにはこだわりがない

ミニマリストと言われる方々がよく言うのは「少ないもので暮らすからこそ、そのひとつひとつには徹底的にこだわっている」というもの。

ところか佐藤オオキさんは、そういったこだわりがないようです。

『このペンじゃなきゃとか、この紙の書き心地とか、全くないですね』

とのこと。このあと更に

『買い物とか全くしないですね。趣味もないですし、食べ物も……うーん』
と続きました。

目次にもどる

■佐藤オオキさんが「やられた!!」と感じたデザイン

◎数々の世界を変える、素敵なデザイン

イギリスの博物館や、ニューヨーク近代美術館には、デザインした椅子が展示されています。

災害時に役立つトイレの便座 minimLET

[APAC EDITION] 10.27.17 There is now a portable toilet you can carry with you. Developed by Japanese design studio Nendo, the toilet kit, which resembles a tote bag, aims to provide toilet access for victims in disaster-affected areas. Nendo points to the devastation caused by the 2011 and 2016 earthquakes in Japan as their motivation for designing this product. With natural disasters becoming more frequent (an 80% rise since 1980), the need for innovations to assist with disaster preparedness is more pressing than ever. From survival pods to Muji’s survival kits, the “prepper movement”, while not yet mainstream, is no longer just for the doomsday-paranoid outliers. (Akihiro Yoshida/Nendo) #SurvivalismBackslash #DoomGenerationBackslash #BackslashAPAC @ushanush

Backslashさん(@tbwabackslash)がシェアした投稿 –

Inspirational Tuesday – Nendo MinimLet Due to large-scale disasters in Japan such as the 2011 Great East Japan Earthquake and the 2016 Kumamoto earthquakes, Japanese design firm Nendo designed a temporary toilet for those affected by natural disasters: The MinimLet. The kit fits inside a bag, designed to be compact and to store 6 items: 4 aluminium pipes, a toilet seat, a nylon cloth for the tent, pocket tissues, garbage bags, and a coagulant. The different elements of the kit can be assembled by using everyday items and can be used in different ways in order to utilize them to their full. For example the C-shaped seat can be supported three ways: by resting it atop cans, plastic water bottles, or the four aluminum supports that Nendo designed. The aluminum supports can also be screwed together to create a pole onto which a user can clip an umbrella or drape the nylon cloth for privacy. The cloth can also be worn like a poncho to offer privacy while someone is sitting on the toilet. The minimLET is scheduled for retail launch in 2018 in Japan with hopes for a worldwide use from people in need in case of emergency. #ProductDesign #InspirationalTuesday #Nendo #MinimLet #Toiled #NaturalDisasterRelief

Bayly Group – Product Designさん(@baylygroup)がシェアした投稿 –

傘カバーが持ち手の中にしまえる傘 cover-brella


バックなるラッピング giftote-bag




丸めると懐中電灯になる紙 PAPER TORCH

今までにないスプーン

生徒と一緒に、今までにないスプーンをデザインします。

有田君が考えたのは、真ん中が和紙で、食べにくいのでダイエットになるもの。

有田君デザインを元に、3Dプリンターで試作品を作りました。和紙部分は使い捨て。

別に佐藤先生が考えたデザインは、花形の穴があいたスプーン。すくえる量が減って、ダイエットになります。不便が便利になるって発想が、素晴らしいです。

◎先生が「やられた」と思うデザイン

インド 思わず捨てたくなるゴミ箱

ごみ箱の内側が鏡張りで、万華鏡になっています。ごみ収集量が1週間で2倍に。


イギリス 廊下を走りたくなくなる床

本当は平らなのに、地面が凹んでいるように見える床。鏡の国のアリスからインスピレーションを受けた、トリックアート。

こちらがCasa Ceramicaのタイル張りの廊下です。大きな凹みができているのにぎょっとして立ち止まってしまいそう。

実は、色や形の異なるタイルを組み合わせることによって凸凹に見せているだけで、実は平坦な道なのです。平坦だとわかっても、見た目とのギャップにふらついてしまいます。

「走らないで」と言われなくても、ついつい慎重な足取りになってしまう効果があるのです。

◎佐藤オオキさんの本

目次にもどる

■佐藤オオキさんがデザインした素敵で便利なスーツケースプロテカ360s

佐藤さんがデザインした、左右前後、どこからも開けられるスーツケースです。

デザイナー 佐藤オオキさんの言葉。 ・ もともとインテリア業界にいたので、その当時から大好きなデザイナーさんなのですが、最近アナザースカイにも出演されて、その人柄でますます好きになりました😊✨ #nendo #佐藤オオキ #デザイナー #名言 #アナザースカイ #点と点がぴっと繋がる #そんな簡単なことじゃない #心にしみる #心に響く #もちょっと上に書けばよかったねー #そだねー #書 #書道 #硬筆 #ボールペン #ボールペン字 #手書き #手書きツイート#手書きpost #手書きツイート初心者さんと繋がりたい #美文字 #美文字になりたい #calligraphy #japanesecalligraphy

bien_s.さん(@bien_s.0913)がシェアした投稿 –

目次にもどる

佐藤オオキさんのデザインされたものや空間が大好きです。発想力にも驚きの連続でした。これからも制作される作品や生き方がとても楽しみです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする