スッキリ 咳ぜんそく予防に!!呼吸筋ストレッチのやり方 風邪の咳との違いや予防法 9月19日

スッキリ 咳ぜんそく予防に!!呼吸筋ストレッチのやり方 風邪の咳との違いや予防法 9月19日

2018年9月19日放送の「スッキリ!」のスッキリTOUCHで咳ぜんそくが取り上げられました。教えて下さっていたのは、呼吸器内科医の峰村広先生です。

咳ぜんそくにかかると、咳が長い間続き、気管支ぜんそくになる可能性もあるそうです。

スポンサーリンク



咳ぜんそくとは

咳ぜんそくとは慢性的に咳が続く気管支の病気です。

通常の風邪であれば、ウイルスや細菌を体内から出そうとして咳が出ますが、咳ぜんそくは気道が炎症を起こし、気道が狭くなるため、咳の発作が起こります。

1ヶ月〜1年以上咳が続き、3人に1人が気管支ぜんそくになり、悪化して呼吸が止まることも。

◎9月など秋は、夏の間に吸ったエアコンのほこりやカビ、台風などによる気圧の変化などの影響で、要注意の時期となっています。

◎女性が多いとのことですが、女性ホルモンによる影響をいう説もありますが、男性より気管支が狭いという構造上の理由もあるようです。

風邪と咳ぜんそくの違い

咳ぜんそくは、風邪と勘違いしやすいのが特徴です。一般の風邪薬ではなく、炎症を抑え、気道を広げないと咳ぜんそくはよくなりません、

咳の音の違い・期間、に特徴があります。

風邪の咳

湿った咳が5〜6回、ゴホゴホ(低音)、痰が出る、3週間以内に止まる

咳ぜんそく

乾いた咳が2〜3回、コンコン(高音)、痰が出ない、3週間以上経っても止まらない

スポンサーリンク



咳ぜんそくの予防法

◎エアコンを乾いた状態にする

エアコンをずっとつけていると、エアコン内部に結露が発生し、カビが繁殖しやすくなるため、冷房使用後は、送風を30分ほどし、エアコン内を乾いた状態にしておきます。

◎外出時はマスクを

9月は気管が過敏になっており、刺激物質で気管が収縮し咳ぜんそくに繋がることを防ぐため、外出時はマスクをして、喉にホコリや刺激物質を入れないようにします。

◎コーヒーにはちみつを

コーヒーに含まれるカフェインに気管支拡張作用があり、ハチミツには抗炎症作用があるため、ティースプーン半分ほどのハチミツをコーヒーに入れるのがおススメです。

呼吸筋ストレッチのやり方

1日数分行なうことで、肺と呼吸機能が高まり咳ぜんそく予防に

①両足を肩幅の広さに開く

②ボールを抱えるように、両腕を胸の前で伸ばして指を組み、背中を丸めたまま鼻からしっかりと息を吸って止め、両手を組み合わせたまま真上に上げる

④腕を右にひねりながら、ゆっくり息を吐き同時に両手を肩の高さで一直線に伸ばす

⑤同様に左も行なう

左右1回ずつで1セット、毎日2セットおこなうとよい

・ポイントは鼻からしっかりと息を吸うこうすることで吸うときの呼吸筋を鍛えられます

・息を吐くときは吸うときの3倍時間をかけて口からゆっくりと息を吐く。こうすることで吐くときの呼吸筋を鍛えられます

スポンサーリンク



まとめ▼

咳ぜんそくを予防出来るようさっそく実践してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする