世界一受けたい授業 82歳のアプリ開発者 若宮正子さん いつまでも現役で過ごす方法&健康長寿の秘訣 11月4日

世界一受けたい授業 82歳のアプリ開発者 若宮正子さん いつまでも現役で過ごす方法&健康長寿の秘訣 11月4日

2017年11月4日の世界一受けたい授業の特別授業は、『いつまでも現役でいるための健康長寿の秘訣』で、若宮正子先生(82歳)が授業をして下さいました。

60歳を過ぎてからパソコンを始め、81歳でプログラミングを学んだ、世界最高齢のアプリ開発者です。

スポンサーリンク



■若宮正子さん

1935年生まれ
1954年より1997年まで都市銀行および、その関係会社勤務
高齢者の生きがい作りを目指すメロウ倶楽部幹事(全国規模のシニアネット)
NPOブロードバンドスクール協会理事

高校卒業後大手銀行に就職。事務作業は苦手で落ちこぼれ社員でした。部署が変わってアイデア・企画を出す仕事についてからは、能力を発揮。初の女性管理職になります。

パソコンを使うようになったのは、定年後、90歳の認知症の母の介護がきっかけとなりました。

おしゃべりだったのに、母と二人暮らしになり、母は話し相手にはなりませんでした。その頃新聞広告をみて『パソコンが出来ればオンラインシャットができる!!』自分もしてみようと思いました。

家にいても、コンピューターとネットさえあれば、外の世界の人とおしゃべりできるとワクワクしたそうです。

逆境をチャンスにしたのです。

■エクセルアート&TED出演

70歳で高齢者向けのパソコン教室を開始。
楽しみながらパソコンでできることはないか考え、表計算ソフトで、模様をデザインするエクセルアートを考えました。

刺繍や手芸が好きなシニアに向けて、好きなことでコンピューターに親近感をもってもらおうというものです。マス目に色をつけて塗りつぶしたり、グラデーションをつけたり、線をひいたりの組み合わせで模様を作ります。うちわにしたり、オリジナル紙袋を作ったりして楽しみます。

79歳で、世界各国の著名人が講演するTEDの東京コニュニティーで講演しました。

目次にもどる

■ゲームアプリhinadan(ひなだん)

高齢者向けのゲームがないなと思って、81歳でプログラミングを始めました。

そして半年後できたのが、ゲームアプリ「hinadan(ひなだん)」です。ひな人形をひな壇の正しい位置に配置する内容です。

アメリカApple開発者会議(WWDC)に、最高齢82歳で参加。AppleCEOティム・クックと対面しました。

「ないなら自分で作ろう」そんな思いで新しいことに挑戦したのです。

■次の目標

忙しくて疲れる暇もない先生。フェイスブックに毎日投稿しているそうです。安否確認の意味も込めて(笑)とのこと。

趣味は75歳で始めたピアノで、足腰も丈夫。これからの目標は、基礎からのプログラミングだそうです。

■若宮正子さんの名言

☆100点満点の人生なんてつまらない。経験はお金で買えない。

☆創造することこそ、人工知能にはできない最も人間的な活動。

☆人工知能は1から100、1000を作り出すのは得意。でも、0から1を生み出すことができない。

☆うまくいかなければ、途中でやめればいい。

☆自分でやって失敗しても、死んだりしない。途中までしかできなくてもそれなりの経験は積めた。

まとめ

若宮正子さんは、ユーモアもあり、柔らかい雰囲気もありながら、バイタリティーもあり、挑戦し続ける姿に感動しました。

こんな生き方ができたらと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする