ZIP 動画アプリTikTok(ティックトック)とは?芸能人や若者に大人気の理由や使い方

ZIP 動画アプリTikTok(ティックトック)とは?芸能人や若者に大人気の理由や使い方

2018年5月25日放送の『ZIP/ハテナビ』で、若者が夢中になっている動画アプリとして「TikTok(ティックトック)」が紹介されていました。

スポンサーリンク



ティックトック(TikTok)とは?

ティックトック(TikTok)とは、今若者に大流行の口パク動画を作れる動画投稿アプリで、去年8月に発売されて以来、アップルでダウンロードされるアプリの中でインスタグラムやYouTubeを抑えて堂々1位になっています。

運営会社は、中国にある「Bytedance」という1.2億人の読者を持つニュースアグリゲータの「 Toutiao」(今日頭条)を運営している会社でも有名です。

アプリ内には数十秒の音楽データが入っているので、その中から好きな音楽を選んで簡単に動画を作ることができ、動画の加工や編集も複雑な作業は一切ないので、誰でも簡単に始められます。

銃に合わせて動く女性や、手のひらにアゴを乗せる男性など、加工が難しそうな動画も数分で作れるのが魅力となっています。

TikTokの使い方

動画を撮る前に使いたい音楽を決めます。

続いて動画を撮影(長押しボタンを押している間だけ撮影ができます)

ボタンを離すと撮影も止まります。

撮影、中断と繰り返し、15秒の動画を作り上げていきます。(番組では、一人が写り、撮影を止めて次の人が写り…と繰り返し、音楽に合わせて繰り返すことで、ミュージックビデオ風の映像を簡単に作る様子が紹介されていました)

ティックトッカーの上手な動画撮影テクニック

ティックトックを使いこなし、動画を上手に撮る投稿者はティックトッカーと呼ばれています。

スマホにライトを付け、スマホを上下左右に動かしたり回転させながら、その際にメガネなどのアイテムを付けたり外したりとしながら色々な角度から撮影するテクニックも紹介されていました。

↓このような感じのもの

他にも、初心者でも上手に撮影できるテクニックとして、フォロワー数8万5千人の双子姉妹、みよさんとみづきさんによる動画テクニックも紹介していました。

◎セルフィースティックでより大きな動きをつける
◎2倍速で撮る(撮ってる時はゆっくり、再生するときは元のテンポ)
◎カメラを真横にスライドさせて、次々撮影される人を変える

このポイントを抑えておけば、動画撮影になれていない初心者たちでも、簡単に楽しい動画を撮ることができるそうです。

芸能人のTik Tok動画

数多くの芸能人も楽しまれているようです


スポンサーリンク



まとめ▼

広告で何度もみたことがありますが、何の広告だろうと思っていました。動画の動きが今までになかった感じで面白いです。早速、試してみたいと思います♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする