世界一受けたい授業 『チャーハン』酢キャベツダイエット新レシピ 丸山桂里奈さん

世界一受けたい授業 『チャーハン』酢キャベツダイエット新レシピ 丸山桂里奈さん

2018年5月5日「世界一受けたい授業」、「日本に迫る7つの危機2時間SP」の中で紹介された丸山桂里奈さんも痩せたデブ菌を減らす酢キャベツダイエット。

その酢キャベツを使ったチャーハンもおすすめです。

スポンサーリンク



デブ菌撃退 酢キャベツの作り方

女性はGW明けに1年で最も体重が増えるという調査結果があります。

フィルミクテス門(デブ菌)が多い人は頑張ってもダイエットしてもやせにくいそうで、太りにくい体にするにはバクテロイデス門(ヤセ菌)を増やすことが大切です。

以前紹介されていた「酢キャベツ」。お酢と食物繊維がヤセ菌を増やしてくれます。

世界一受けたい授業 酢キャベツのレシピ デブ菌を撃退!!

世界一受けたい授業 『バンザイストレッチ』のやり方 うつ病予防に 5月5日

世界一受けたい授業 アルツハイマー病の新治療「リコード法」で認知機能を回復する

酢キャベツのレシピ

材料

キャベツ 1/2個
塩 小さじ2
酢 200cc

※酢はなんでも可ですが、リンゴ酢がおすすめとのことです

作り方

①キャベツを千切りにし、ポリ袋に入れ塩を加えて揉み込む。

②①に酢を加えて軽く揉み、冷蔵庫で半日ほど寝かせれば完成です。

*毎食100g、小皿1杯程度を食べるのが理想。

『酢キャベツチャーハン』のレシピ

いくら酢キャベツを食べても腸に負担がかかる脂質を過剰にとると逆効果になります。

避けたいのはラードやマーガリンなどの飽和脂肪酸。逆におすすめはえごま油などのオメガ3脂肪酸。ほかにもオメガ3脂肪酸を含むサバなどの青魚もおすすめです。

オメガ3脂肪酸を摂ることで腸の炎症を抑制し免疫力アップが期待できます。

そこで、酢キャベツ、サバ、えごま油を使ったアレンジメニューの酢キャベツチャーハンがおすすめとなります。

材料(1人分)

酢キャベツ 50g
ピーマン 25g
塩鯖 25g
卵 1個
玄米ご飯 125g
サラダ油 大さじ1/2
塩 少々
エゴマ油 小さじ1

(A)

酢キャベツの漬け汁 大さじ1
醤油 大さじ1/2

作り方

① 酢キャベツ粗みじん切り。ピーマンは7〜8mm角に切る。

② フライパンにサラダ油を入れ中火、その中に焼いた塩鯖、ピーマンを入れ炒め、塩を振る。卵を溶いて流し入れ、ご飯を加え、炒め合わせる。

③ パラパラになったら弱火にし、酢キャベツを加え鍋肌から(A)を加えて手早く炒め完成。

④ 仕上げにエゴマ油をかけて完成です

*エゴマ油は、熱に弱くエゴマ油の栄養が失われてしまいます。必ずお皿に盛り付けてからかけて下さい。

世界一受けたい授業 酢キャベツのレシピ デブ菌を撃退!!

世界一受けたい授業 『バンザイストレッチ』のやり方 うつ病予防に 5月5日

世界一受けたい授業 アルツハイマー病の新治療「リコード法」で認知機能を回復する

まとめ▼

前回の番組をみて、早速『酢キャベツ』を作ってみました。簡単で、思ったより酸っぱすぎることもなく食べやすかったです。

酸っぱい物は得意な方ですが、普通のお酢よりも、リンゴ酢の方がやはりおススメです。

暑い夏にも酢キャベツはさっぱりといただけますし、これからも作り置きしたいと思います♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする